戻る


   Chrome OS を VMWareを用いてPCにインストールし、概要把握を実施。


参考資料

   Chronium OS ニュース
   Chronium OS Home Page
   Chrome Web Store


Chrome OS の画面

02.png

    ※ブラウザ上でのアプリ実行に最適化されたデザインとなっている


環境的・背景的なところ

慌てるMicrosoft

 ・フリーのOSとしてChrome OS が出現した
 ・最近流行りのクラウドを軸としている
 ・クラウド化はブラウザがあればアプリ実行を可能とする、つまり、OSは何でも良いという状況を作り出す
 ・過去OSの出現でH/Wはただの箱となった。OSも同レベルにならんとしている
 ・ココ最近、MSの最重要事業として、クラウドが推し出された。


Googleの思い

 ・万人にインターネット環境を普及させようという思い(戦略)がある
 ・安くネット環境を提供することでネット人口を増やし、ひいては広告収益に繋がせようとしている
 ・途上国へも安いPCを普及させようとしている
 ・万人のネットへの依存度を高めようとしている


Chrome OS を搭載した 廉価版 PCの到来

 ・100ドルPCの実現には、安いOSが必須。Chrome OS は Open Sourceとして FREEで提供する。
 ・100ドルPCの実現には、安いHW=軽いOSが必須。Windowsのような重たいOSでは商売にならない。
 ・既存の参入障壁を押し下げる。台湾・中国等でそこそこの技術力があれば、簡単にPCを販売できる。


Chrome OS

 ・軽くて、さくさく動くOSとしての特徴を持たせる
 ・クラウド型のOS。
 ・評判を高め、第3のOSの地位を築こうとしている


Chrome OS のアーキテクチャ

04.png


Chrome OS の上位層アーキ

chrome.png


Chrome OS のInstall 方法

   VMWareへのインストール方法
   VMWare の ソフト


戻る


Wiki TOP   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS