戻る

概要

リッチインターネットアプリケーションの統合開発環境とSDK。デザインにはMXML(Macromedia Flex Markup Language. Macromedia Flexのプレゼンテーションを記述するためのXML言語)を利用し、プログラムにはAction Scriptを利用し、Flash Player上で実行するswfファイルを生成する。Flex3からはAIR上でも実行可能。

Webブラウザに依存する Java Script による記述であるAjaxと、Adobe Flash内部で実行している Action Script が広義の Java Script (ECMAScript) であることからこの2つを1つにパッケージングすることによる開発コストの削減、開発環境の整備といった狙いがある。

Ajaxの弱点であるWebブラウザ毎の実装の相違やバグ、挙動の差異に左右されずに動的ページを作ることが出来るため、Ajaxよりも容易にクロスプラットフォームな環境での開発が出来るソフトウェア開発キット(SDK)として注目されている。また、Adobe Flashの開発環境ではタイムラインなどの要素があり、プログラマはその独特の開発手法を覚える必要があったが、Adobe Flexではコーディングがメインになるため従来のプログラミング手法を生かせるため開発しやすいとされる。

戻る


Wiki TOP   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS