MobileApp > Doja

Doja逆引きTips


  Doja の 用途別 API使用方法を記述


色の設定

 RGB もしくは 色名で色を指定する

public void paint(Graphics g)
{
    g.setColor(Graphics.getColorOfName(Graphics.YELLOW));
    g.setColor(Graphics.getColorOfRGB(255,120,0));
}



文字描画

 paint 内で drawStringメソッドを使用する事で、文字列を描画できる

public void paint(Graphics g)
{
    g.drawString("描画文字列",x,y);
}



四角描画

 paint 内で fillRectメソッドを使用する事で、四角形を描画できる

public void paint(Graphics g)
{
    g.fillRect(x1,y1,x2,y2);
}

 ※x2,y2 は 絶対値ではなく、x1,y1からの相対座標である事に注意



線描画

 paint 内で drawLineメソッドを使用する事で、線を描画できる

public void paint(Graphics g)
{
    g.drawLine(x1,y1,x2,y2);
}


ソフトキー描画

 setSoftlabelメソッドを使用する

setSoftLabel(Frame.SOFT_KEY_1,"描画文字列");



フォントの指定

Font f = Font.getFont(フォントの指定);



文字入力

imeOn("文字列", TextBox.DISPLAY_ANY, TextBox.KANA);



画像表示

public void paint(Graphics g)
{
    Image img=null;
    
    try
    {
        // MediaImageクラスへファイルを読む
        MediaImage image1 = MediaManager.getImage("resource:///abcdef.gif");
        image1.use();
        // MediaImageからImage取得
        img = image1.getImage();
    }
    catch(Exception e){}
    
    // 実際の描画
    g.drawImage(img,100,100);
}



キーイベント

 processEventメソッドにキーが押された際の動作を記述する

public void processEvent(int type, int param)
{
   if(type == Display.KEY_PRESSED_EVENT)
   {
       if(param == Display.KEY_0)
       {
         // 0ボタンが押された
       }
   }
   else if(type == Display.KEY_RELEASED_EVENT)
   {
       if(param == Display.KEY_5)
       {
         // 5ボタンが離された
       }
   }
}



キーイベント


Display.KEY_SOFT1ソフトキー1
Display.KEY_SOFT2ソフトキー2
Display.KEY_0数字キー0
Display.KEY_1数字キー1
Display.KEY_2数字キー2
Display.KEY_3数字キー3
Display.KEY_4数字キー4
Display.KEY_5数字キー5
Display.KEY_6数字キー6
Display.KEY_7数字キー7
Display.KEY_8数字キー8
Display.KEY_9数字キー9
Display.KEY_ASTERISKアスタリスク(*)キー
Display.KEY_POUNDパウンド(#)キー
Display.KEY_UP上方向キー
Display.KEY_DOWN下方向キー
Display.KEY_LEFT左方向キー
Display.KEY_RIGHT右方向キー
Display.KEY_SELECT選択/決定キー



Graphics.BLACK黒色
Graphics.BLUE青色
Graphics.LIME緑色
Graphics.AQUA水色
Graphics.RED赤色
Graphics.FUCHSIA紫色
Graphics.YELLOW黄色
Graphics.WHITE白色
Graphics.GRAY灰色
Graphics.NAVY暗い青色
Graphics.GREEN暗い緑色
Graphics.TEAL暗い水色
Graphics.MAROON暗い赤色
Graphics.PURPLE暗い紫色
Graphics.OLIVE暗い黄色
Graphics.SILVER銀色


PCM音源の再生

  端末によって、使用する音源のフォーマットが異なるから気をつけないといけない
  mp3をQuick Time Playerでwavに変換してから、Wave to .mld コンバータ (WMC-MA3-N)を使ってmldファイルにする。

  【制限】
   WAVEのフォーマットはPCMでないといけません
   WAVEの周波数が4kHz≦Fs≦16kHzでないといけません
   WAVEのビット数が16bit以下でないといけません
   WAVEのチャンネル数がステレオではなくモノラルでないといけません

  【参考ソフト】
   ・Psmplayer
   ・WAV to MFI2-MLD(シェアウエア)
   ・3GX(シェアウエア)


  戻る  

     




Wiki TOP   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS